ボーカリストgktp

「心の声に従って情熱を持って生きる」

こんにちはgktpです。

なんだか詩人みたいなツイートになってしまってますが笑

「自分はこう行きたいんだ。たとえ、どんな試練が待っていようとも」みたいな生き方って、マンガの主人公的な生き方でぼくは好きなんですが、

実はぼくも、大学受験の浪人生のとき、そんな生き方でした。

「受験勉強を通して、受験が終わってからの人生で世の中に貢献しまくるんだ」と、割と本気で思ってました。

受験生のときの熱量は、それはそれはえげつなかったですよ。

「〜春休みの自由研究〜」

受験生のときの話とかは↑の記事に書いてるので、参考に読んでみてください。

んで、結構自分なりに高い熱量を持って必死に勉強したんですけど、志望大学には届きませんでしたね。

でもあのとき「高い熱量を持って生きる感覚」「狂って生きる感覚」がどんなものかを体験できたのは、本当に良かったな〜と思ってますし、今となっては当時の経験は貴重な資産です。

まあ大学に入ってから、「これ、あんまり授業受ける意味なくね?」となって、現在は大学に行かなくかりましたが。

んで、最近は楽しいことばっかりしてダラダラしてます。

カイリュー木村さんのエモいツイートを読んで、「またそういう姿勢で生きてみるのもアリだな〜」と思った、という記事でした!

一度でも強烈な熱量で生きたら、マジで今後の人生の質が好転しますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です