7月について

「「暑中見舞い」と「残暑見舞い」はいつからいつまで?意味と文例も紹介!」

お中元などに添えて送る夏のご挨拶の定番と言えば、

「暑中お見舞い申し上げます」と

「残暑お見舞い申し上げます」でしょう。

「暑中」と「残暑」が違うだけですが、この両者はどの様に使い分けるのでしょうか。

一般的に、梅雨が明ける頃(大体7月20日前後)から立秋(8月7日頃)までが、

「暑中お見舞い申し上げます」使うと言われます。

いわば、一年でも一番暑さが厳しくなる頃です。

少し、別の良い方をすると、二十四節気に「小暑」と「大暑」という言葉があります。

小暑は、7月7日頃、大暑は、7月23日頃が目安となりますが、この「暑」が、まさに、「暑中」の

暑という考え方で、早ければ、7月上旬からこの言葉を使っても全くおかしくはありません。

現に、お中元の時期も、関東地方は関西などよりも早く、7月1日~15日がシーズンになるので、

お中元を贈るときのご挨拶に「暑中お見舞い・・・」と使うのがごく一般的です。

一方の「残暑お見舞い申し上げます」は、立秋以降のご挨拶に使用し、特にいつまでとは決まっていませんが、一般的には8月いっぱいが目安と考えられます。ただ、9月に入っても、それこそ残暑が厳しい時には、「残暑お見舞い・・・」を使用しても一向に構いません。

それでは、それぞれの文例をご紹介しましょう。

―――――――――――――――――――

暑中お見舞い申し上げます

梅雨も明けまして、急激に暑さが増しておりますが、

皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。

私どもは、お蔭様でつつがなく過ごさせて頂いております。

この度、平素の感謝のお印に心がばかりではございすが、

水羊羹を送らせて頂きました。酷暑のみぎり、皆様で

少しでもお喉を潤して頂ければ幸いでございます。

これからまだ暑さも厳しくなるようですので、

どうぞ、ご自愛の程お祈り申し上げます。

平成三〇年 盛夏

―――――――――――――――――――

暑中見舞いも残暑見舞いも、暑さが厳しい時に特に健康などお相手の様子を気遣い、見舞うことが一番の目的です。

よって、始めに「いかがお過ごしですか・・・」というような様子伺の文面を入れます。

続いてこちらの近況報告、さらに、もしお中元の品を送るならその説明、そして、今後の生活の無事を願う言葉で締めるようにします。

最後は、具体的な日付を入れても、「盛夏」としても構いません。

「前略」「拝啓」なごの頭語や「草々」「かしこ」などの結語は必要ありません。

もう一文挙げておきましょう。

―――――――――――――――――――

暑中お見舞い申し上げます

今年は、冷夏とのことで、殊のほか涼しく、ホッと胸をなでおろしております。

その後、お元気にお過ごしでしょうか。

こちらは、九月になれば、ずいぶん涼しくなりますので、

今年は我が家にお出かけいただきたく存じます。

家族一同、楽しみにお待ちしております。

まだこれからが夏本番ですので、どうぞご自愛ください。

平成三〇年 盛夏

―――――――――――――――――――

続いて、「残暑見舞い」の文例に移りましょう。

―――――――――――――――――――

残暑お見舞い申し上げます

立秋とは名ばかりで、大変暑い毎日が続いております。

○○様におかれましては、お元気にお過ごしでしょうか。

我が家は、遅ればせながらこれから海水浴に出かける予定にしております。

ご当地の名産を送らせて頂こうと思っていますので楽しみにしておいてください。

まだ、厳しい暑さが続くようですので、どうぞお身体大切にお願い申し上げます。

平成三〇年 晩夏

―――――――――――――――――――

基本的な流れは、「暑中見舞い」と同じです。

ただ、暦の上では秋になっていますので、「立秋とはいえ、厳しい暑さが続いております」というような

一文を入れます。

最後は、「盛夏」とは書かずに、「晩夏」とか「立秋」を使います。もちろん、日付を入れても構いません。

―――――――――――――――――――

残暑お見舞い申し上げます

暦の上では秋になりましたが、厳しい暑さが続いております。

皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。

我が家は、お蔭様で、両親も子供たちも元気に過ごしております。

また近いうちにお会いでききますことを家族一同心より

楽しみにしております。

秋本番は、まだ先の様です。どうぞ、ご自愛ください。

平成三〇年 立秋

―――――――――――――――――――

厳しい暑さに、疲れも出てくる頃なので、お相手の気持ちが明るく変わるような一言や、文例の様に先で会える楽しみなどを盛り込むと良いでしょう。

印刷されたハガキでも良いですが、やはり、手書きの方が、より心が通じると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です