7月について

「新盆・初盆の意味は?何をするの?時期はいつ?お布施の相場は?」

新盆(にいぼん・しんぼん・あらぼん)と初盆(はつぼん・ういぼん)とは、同じことで、

意味は、「故人が亡くなって四十九日が過ぎてから初めて迎えるお盆」のことです。

四十九日を過ぎてから初めてのお盆ですから、もし、お盆近くに亡くなり、四十九日がお盆の後という場合は、新盆(初盆)は翌年のお盆となります。

では、具体的な時期とその内容はどの様なものなのでしょうか。

まず、地域差もありますが基本的に「8月13日から16日」に渡ってとり行います。

(東京や横浜の一部では7月13日から16日に行う所もあります)

8月13日は、「盆の入り」と言います。

精霊棚(盆棚)を仏壇の前に飾り(※)、その後でお墓に行って迎え火を焚き、お墓の清掃もしておきます。

(精霊棚も正式なものは、ずいぶん準備に手間がかかります。簡易式でも許されるので、初めての時は、菩提寺の方に相談して見ることをおススメします)

お盆には、故人の霊が帰ってきますので、お墓から帰ったら、夕方には、迎え火を焚いて、霊を自宅に迎え入れます。

※浄土真宗だけは、精霊棚を一切飾ることはしません。

14,15日には、遺族でお墓参りをします。

そして、自宅では、法要を行いますが、初盆の場合は、親戚の他に故人と親しかった友人、知人を招き、

普通の法要よりも力を入れてとり行います。

僧侶を迎えて読経してもらったら、その後に会食をします。(会食は、省いても構いません)

16日は、「盆明け」と言い、出来るだけ遅い時間に送り火を焚いて、故人の霊を見送ります。地域によっては、「精霊流し」や「灯篭流し」を行うところもあります。

その他にも、初盆では、盆提灯として白提灯を灯して、軒先や玄関などに吊るします。これは、故人が迷わずに戻って来られるようにとの意味があり、迎え火を焚いたときに灯します。そして、夜も火を絶やさないようにしておきます。(昔は、火の管理のために子供も夜通し交代で起きていたと言われます)白提灯は、基本的に初盆の時にしか使いませんので、送り火と一緒に焚いてしまうか、菩提寺に頼んで供養してもらいます。(普通の法要では、絵柄の入った盆提灯使用して、これは、使いまわして良いことになっているので、その都度片づけて保管するようにします)

さらに、法要に招いた僧侶には、帰りがけにお布施を渡しますが、初盆の場合は、普通の法要よりも多く包むのが慣例になっています。

普通のお布施は、1万円が相場ですが、初盆の場合は「2~5万円」が相場、なかでも3万円が一番多い様です。

さらに、御車代として、5千円~1万円、僧侶が法要後の食事を食べない場合は、御膳料として、さらに、

5千円~2万円包むようにします。(一緒に食事をする場合は、御膳料は必要ありません)

お盆は、法要が多くて日程も重なり、僧侶も何か所も訪問しなければならないケースが多いので、

出来れば、数か月前には(早いに越したことはありません)予約を入れておいた方が無難です。

(遅くとも2か月前には)

また、初盆の場合は、先ほども書きましたように、故人と親しかった友人や知人にも出席してもらうのが慣例となっているので、早めに出欠確認のハガキを送るようにしましょう。あまりに、直前だとご迷惑になるので、これも早めに済ませておく方が無難です。またその方が、当日の食事の段取りや引き出物の用意が余裕を持って出来ますからね。

最後に、法要はお葬式とは違って、故人のことを偲んで思い出話に花を咲かせたりして温かく和やかな雰囲気で行うことが大切です。色んな準備に追われ、形式ばかりにとらわれ過ぎて、本来の意義を忘れてしまわないように気を付けておきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です