7月について

「七夕の歌の曲名は?歌詞の意味は?「のきば」「金銀砂子」「五色」って何?」

七夕になると歌われる「笹の葉さらさら~」という歌。

大人になると、小さな子を育てていなければ、まずほとんど口にすることもなくなりますが・・・

皆さんは、全部歌詞を覚えていますか?その歌詞の意味も解りますか?

そもそもあの歌の名前をご存知でしたか?

まず、歌の名前は、「たなばたさま」と言います。(私は、知りませんでした~!!)

歌詞を見て行きましょう。

作詞は、権藤花代と林柳波 作曲は下総院一です。作られたのは、昭和16年ですから戦時中ですね。

♪(1番) 笹の葉さらさら  のきばに揺れる

お星さまきらきら 金銀砂子 ♪

♪(2番) 五色の短冊    私が書いた

お星さまきらきら 空から見てる ♪

1番の歌詞の「のきば」は、漢字では「軒端」と書きます。

戸建ての家を思い浮かべて頂くと分かるのですが、屋根が庭などに向かってせり出している部分(=軒)があります。その「端っこ」を軒端といいます。軒下という言葉は、今でも良く使いますよね。

この部分は雨にも濡れにくいですし、笹を飾るのには適していたのでしょう。当然その近くには窓もあって、夜空を見上げれば、キラキラと輝くお星さまも見られるわけです。

特に、昔の家や田舎の家では、縁側もあって(今でもサザエさんを見ていると出てきますよね(笑))、そこに家族みんなが座ってお月見や七夕を楽しんだのですね。

次に「金銀砂子」、これが一番難しいというか、聞き慣れない言葉ですね。

これは、金箔と銀箔を細かな粉にしたもののことで、短冊に散らしたのです。

天の川の星に見立てたのですね。

蒔絵や色紙にもあしらったりします。キラキラしてとても美しく、砂子があるのとないのとでは、見え方が全然違います。

わたしは、小さなころ、金銀砂子ではなく、「金銀つなご〜」と歌っていました(笑)

記憶では、誰も砂子の意味を教えてはくれず、ただ耳で「つなご~」に聞こえたものをそのまま間違って覚えて歌っていたのだと思います。手でもつなぐような意味にとらえていた様に思います。

もし、お子さんがいる場合は、「砂子」の意味をきっちり教えて上げてくださいね。

できれば、写真など実物も見せて上げてください。

2番の歌詞に移りましょう。

「五色」の読みは「ごしき」です。

つまり五色(しょく)の短冊を意味しますが・・・・

その色は、青(緑)、赤、黄、白、黒(紫)です。

これは、中国の陰陽五行説から由来しているのですが、

世の中のすべての物は、「木」「火」「土」「金」「水」の五つからできていると考えられてきました。

そして、このそれぞれを象徴する色が「五色」なのです。

「木」は青(緑)、

「火」は赤、

「土」は黄、

「金」は白(金・銀)、

「水」は黒(紫)となります。

この五色の短冊にめいめいに願い事を書いて飾り付けるわけですね。

いかがでしょうか。これで、七夕の歌は完璧に歌えますよね!

意味を理解して歌うのと、そうでないのとでは、歌う時の気持ちも全く違ってくると思います。

とても優しく、しみじみと胸に迫ってくる思いすらする歌ですが、作られ時代は、第二次大戦真っ最中でした。

「五色の短冊 私が書いた・・・」・・・願い事とは、一言も出てきませんね。

どんな思いでこの歌詞になさったのでしょうか・・・

叶うことなら、今すぐに戦争が終わって欲しい・・・みんなが無事で元気で、以前の様に明るく平和に暮らしたい・・・少なくとも、こんな思いはあったはずですよね。

七夕に願い事が自由に書けるのも、世の中が平和な証拠です。

今年の七夕は、晴れてくれるでしょうか。

雲もなく快晴で、まさにお星さまがキラキラと輝いて見えると素敵ですよね。

ちなみに、織姫はこと座の一等星「ベガ」で、彦星はわし座の一等星「アルタイル」です。

これに、白鳥座の「デネブ」を加えると夏の大三角形が出来上がります。

七夕の頃なら東の空に現れますので、家族や恋人と一緒に探してみてはいかがでしょうか。

天の川は・・・見えないかなぁ~

織姫と彦星に逢えたら、きっといいことがあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です