7月について

「七夕の節句」の読み方・意味は?別名は?七夕の行事食は?」

「七夕の節句」は「しちせきのせっく」と読みます。

これは、江戸時代に定められた、暦の上でも最重要視された五節句の内の一つになります。

五節句とは、

人日(じんじつ)の節句・・・1月7日の「七草粥」のこと。

上巳(じょうし)の節句・・・3月3日の「ひな祭り」のこと。

端午(たんご)の節句・・・・5月5日の「こどもの日」のこと。

七夕(しちせき)の節句・・・7月7日の「七夕(たなばた)」のこと。

重陽(ちょうよう)の節句・・9月9日の「菊の節句」のこと。

以上となります。

これら五節句は、明治時代に入り、1873年に旧暦が廃止されると同時に姿を消したのですが、そのまま年中行事として慣習的に残りました。そして、このうち端午の節句だけは、「こどもの日」として祝日法にも定められて、国民の祝日となりました。

七夕の節句は、別名「星まつり」とか「笹の節句」とも呼ばれます。

日本には古来より「棚機(たなばた)」という神事がありました。これは、若い乙女が機を織り、着物を作って神様にお供えするというもので、ここから「七夕」に「たなばた」という音が当てはめられたと考えられています。

七夕(たなばた)は、前日の7月6日に笹に飾りつけをして(七夕飾り)、短冊に願い事を書いて、当日はその願いが叶うために祈ります。

ちなみに、仙台では、毎年七夕祭りが盛大に行われますが、その時期は、8月6日~8日までの3日間です。この訳は、中暦という暦で、旧暦の7月7日が、この8月の3日間に当たるということで、忠実にその季節感を失わないようにと考えられてのことだそうです。

そして、七夕と言えば「織姫と彦星の伝説」に触れないわけには行きません。

これは、もともと中国の昔話に由来します。

昔、天帝という天の神様がいて、その娘が織姫でした。織姫は、機織りものが大変上手で、彼女の織ったものは、それは美しく、見るものを魅了しました。ところが来る日も来る日も機織りばかりする織姫に天帝も心配をして、自ら働き者の牛飼いの彦星を探してきて織姫と結婚させました。

すると2人は互いに愛しあい、仲も良く、ずっと話ばかりして全く仕事をしなくなってしまいました。

これではいけないと、遂に天帝は二人を離れ離れにしてしまい、年に一度七夕の日だけは天の川を渡って逢えることにしました。

この二人の願いが叶うことにかけて七夕では短冊に願い事をするのですね。

もとは、短冊ではなく梶の木の大きな葉っぱに墨で願い事を書いていました。

さらにその前には、中国の「乞巧奠(きこうでん)」という神事で、機織りが上手な織姫にあやかって、

裁縫や芸事が成就することを願って星に祈りを捧げるということを行っていたのが、日本にも伝来して

七夕祭りとなった様です。

さて、この七夕には、ひな祭りの時のひなあられや菱餅、こどもの日の柏餅や粽のように行事食と言われるものがあるのです。

あまり聞いたことがありませんし・・・七夕と言えば「これ!」とピンとくる食べ物などない気がしますが・・・

その正体は・・・「そうめん」です。

それなら、毎年たくさん食べています、とホッと(?)した方も多いかもしれません。

私は、正直言って毎年、もう少し後に食べている気がしますが・・・(笑)

昔は奈良時代に「索餅(さくべい)」という中国から渡ってきた小麦と米粉と塩を水でこねて縄状にねじったものを乾燥させたお菓子の様なものを食べていました。

これが、平安時代には、「索麺(さくめん)」というやはり縄状の麺が登場して、これがやがて素麺(そうめん)となって定着したと言われます。

ちなみに、そうめんの起源は、日本三大そうめんの一つ、奈良の「三輪そうめん」だそうです。

ツルツルしてコシも甘みもあって美味しいですよね~~

白糸の様なそうめんが、天の川の流れを思わせることや、また機織りに使う糸に似ているので、機織りや裁縫が上達するようにとの願いも込めてそうめんを七夕に食べるようになったとも言われています。

暑くても喉ごしがよく、サッパリして減退する食欲を補ってくれますし、夏バテ防止に一役買ってくれるので、重宝もされてきたのですね。

先ほど、私がそうめんを食べるのは、七夕よりも後と書きましたが、素は、旧暦の7月7日に食べられていたものですから、今の暦にするとちょうど8月7日頃なので、やはり暑さ真っ盛りの頃になりますね。

今年もそうめんが大活躍してくれることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です