7月について

「「小暑」「大暑」はいつ?どんな日?意味は?食べ物は?」

「小暑」「大暑」とは、二十四節気の一つで、季節の目安となる言葉です。

一年を二十四等分にし、半月を目安に名前を付けたものが「二十四節気」です。

有名なところでは、「春分」「夏至」「立夏」「大寒」などがあります。

「小暑」は「しょうしょ」と読み、

「大暑」は「たいしょ」と読みます。

2018年の「小暑」は、7月7日になります。ピッタリ、七夕の日ですね。

では、どんな意味があるのでしょうか。

字からある程度想像がつくとは思いますが・・・

この日くらいから、いよいよ暑くなり夏に向かってゆくということです。梅雨明けもまじかですが、夏と呼ぶにはまだ早いと感じるかもしれません。蝉も鳴くのはもう少し先、という頃ですね。

海開きはされても、梅雨なので雨が降ったり曇ったり・・・プールの授業も震えながら…ということもあるかもしれません。でも、暑い日は、真夏の様に暑くて、確実に夏はもうすぐ目の前に来ています。

急激な気温上昇もある頃なので、水分補給など体調管理には十分気をつけたいときでもあります。

そして、「大暑」は、7月23日になります。

ちょうど先ほどの「小暑」から数えて15日目ですね。

そして、意味するところは、まさに夏本番、一番暑くなるときということです。

次の二十四節気は「立秋」になってしまいますので、暦の上では、ですが、「秋」になります。

実際は、まだお盆でも相当暑いですけどね・・・・

「暑中お見舞い申し上げます」というこの時期に使う挨拶がありますが、この「暑中」というのが、まさに

「大暑(または小暑)」の「暑」なのです。

(ちなみに、立秋を過ぎれば「残暑お見舞い申し上げます」となるので覚えておきましょう)

普通の年なら、梅雨明け宣言も終わり、蝉たちも待っていましたと言わんばかりに賑やかに鳴き始めます。

そして、気温もグングン上昇するので、冷たいものもたくさん食べたくなり・・・これはこれで体調を崩す原因にもなるので気を付けなければなりません。

最近は、35度以上の「猛暑日」も増えていますからね。

さて、この様に季節が明らかに変化して行く「小暑」「大暑」の時期ですが、特別に食すと良い食べ物はあるのでしょうか。

実は、いわゆる昔から言い伝えられている行事食と言うものはありません。

でも、食べると良い物は沢山ありますよ。

小暑の頃は、まず夏野菜がドンドン成長して瑞々しく美味しくなってきます。

トマト、茄子、キュウリ、枝豆さらにはオクラやトウモロコシ、ししとうも。

紫蘇もジュースにしてこの時期に飲んでおくと、夏バテ防止になるそうです。

また魚貝類なら、イワシやハモ、アオリイカもおススメです。

大暑の日は、実は「天ぷらの日」だそうです。いつ誰が決めたかは分かりませんし、私も初めて聞きました!

どうやら栄養豊富な天ぷらを食べて暑い夏を乗り切りましょう!!ということらしいです。

確かに、私も天ぷらは大好きですが、たいがい何でも食べられますよね。

うちは、納豆すら天ぷらにしたことがあります(笑)

そして、メインとなるのは「うなぎ」です。

実は、立秋の前18日間は雑節で「土用」と呼ばれます。

そう「土用の丑の日」で有名な「土用」です!

この18日間の内、丑の日に当たる日には、「うなぎ」を食べることが国民の定番ですよね。

もう、行事食と言っても良いレベルだと思うのですが・・・(笑)

今年2018年の「土用の丑の日」は2日あって、7月20日と8月1日です。

ちょうど大暑をはさむ形でありますね。精がつくようにしっかり食べたいです。

また、他にも「う」から始まる食べ物が良いとされて、梅干しやうどんもおススメです。

さらに、野菜ならゴーヤ、魚ではキスも旬を迎えます。

当然、小暑であげた食材もいぜん旬になりますから、大いに食べることをおススメいたします。

今年は、平成最後の記念すべき夏になります。それぞれにメモリアルな素敵な夏にしてくださいね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です