ボーカリストgktp

「「左ききのエレン」は面白いので読んでみましょう!」

gktpです。昨日買ったマンガ「左ききのエレン 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

」が面白かったので紹介しときます。

面白かったと言っても、まだ1巻を読んだだけなのですが、

画家を目指したり目標実現を目指す登場人物たちの描写が、エモく描かれていて、

天才エレンが抱える葛藤、凡人が抱える葛藤をマンガで上手く表現していると感じました。

画家を目指しても、生き残れるのは「万が一」というフレーズが何度も出てくるのですが、たしかに画家として生計を立てるとなれば、9999人を打ち負かすほどの努力が必要となりますよね。

余談ですが、このマンガを読んでて「多動力 (NewsPicks Book)」(堀江貴文)の「肩書きは3つ以上持て」という内容を思い出しました。

1つの肩書きしかないと生き残るのは難しいから、「100人に1人の存在」となる肩書きを3つ持つことで「100人に1人」×「100人に1人」×「100人に1人」=「100万人に1人」の存在となり、自分の希少価値を上げて、みんなから必要とされる人材になれ、ということです。

それはさておき。

何か目標を持って本気で向き合ったことのある人は、「「左ききのエレン 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)」を読むと共感できる部分が見つかると思います。

そういった点でも楽しめるので、みなさんも読んでみましょう!!僕は、2巻以降も読んでいこうと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です