就職・転職

面接時に質問される転職理由について

転職活動を始めるにあたり、転職理由について面接で聞かれた際に、何と答えるか決めておくとよいでしょう。面接時に質問される転職理由は、どこまで本音で回答すれば良いのか、なかなか難しいものです。採用面接の場で、赤裸々に話すことが正しいでしょうか。給料や仕事内容が理由の人や、職場の人間関係などに対する不満があって転職を決意した人もいることでしょう。生活をするため、働いていない限りは金銭を得ることができません。どこでもよいから働きたいということが本音だいう人もいると思いますが、面接の場ではどこまで話をするか、自分で決める必要があります。対人トラブルや、社内の問題ごとが原因で前の仕事をやめている人が、新しい仕事で働こうとした時、同じような問題を起こすかもしれないと思われてしまうでしょう。少しでも印象を良くする為、キャリアアップや憧れていた仕事だったと嘘をつくと、それに付随した質問をされた時に、つじつまの合わない答えを返してしまうこともあります。採用担当者によい印象を持ってもらうには、ネガティブな理由を別の視点でポジティブな内容にしていくことが必要です。仮に、人づきあいの問題から退職したという場合は、周囲との関係を見直すことで、自分のしたいことをやりたいからという言い方もできます。面接で、担当者の評価をよくするためには、嘘を言うわけではないけれど、表現方法を工夫する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です