就職・転職

転職理由の上位にある残業の多さについて

転職を決断した理由の一つに、長時間労働に耐えられないというものがあります。毎日が残業続きだと、身体的な負荷だけでなく、仕事と個人の時間のワークライフバランスを壊していくことになります。毎日残業ばかりの生活をしていれば、仕事に対するモチベーションが下がってしまい、精神的にも疲弊してしまいます。もちろん期日が明確に決まっている仕事で、残業をしなければ終わらず、仕事をせざるを得ないこともあります。仕事が残っているにも関わらず、定時に帰っていたのでは、仕事を終わらせることは出来ないでしょう。けれども、残業が毎日当たり前になっているような環境で働き続けていれば、気持ちは折れてしまいます。仕事の量は慢性的に多く、人員が不足している中で働いていれば、結局は毎日残業をすることになり、いつかは体を壊してしまうでしょう。転職を決意している人の中には、休みがない生活に限界を感じている人も多いようです。企業によっては、残業時間や、休日出勤の日数で給料が増えることがないように、年俸制にしてみたり、みなし残業にして残業を給与に取り入れている場合もあります。そのため、多く残業をしているのに、給料が全く増えないことに不満を持っている人も多いでしょう。残業時間に対する不満は、転職をする際の理由としては、上位を占めているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です