就職・転職

就職の面接時には質問を用意しておく

就職活動を成功するためには、面接を突破することは欠かせません。どんなに履歴書の内容が立派であっても、仮に筆記試験が満点だったとしても、面接に問題があれば、採用の内定はもらえないでしょう。面接の目的は、その人の人格を見るために設けていますが、面接を受ける立場としても、その企業の人と直接話ができる数少ない機会です。面接の場では、数多くの質問をされるでしょう。面接の場でよく聞かれる質問は決まっていますので、ある程度答えを決めておけば、本番で迅速な対応がとれるでしょう。面接では、採用担当者が質問をして、応募者がそれに答えるという形が基本ですが、場合によってはこちらから質問をすることもあります。相手から質問を求められた場合、知りたいと思っていたことを聞いてみるとよいでしょう。待遇や、仕事の内容、これまでの説明の中にあった不明点など、質問したいことは数え始めれば多くあるでしょう。今、聞きづらいからと黙っていたら、話が先へ先へと進んでしまって、気づけば質問のタイミングを逃していまうというのもよく聞く話です。遠慮して、質問をしないでいると、この会社で働く興味がないのだと判断されてしまう可能性もあります。面接を受ける前に、質問をする内容を考えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です