6月について

「梅雨とは?梅雨(つゆ)と梅雨(ばいう)の読み方の違いは?」

「梅雨」という文字を目にしたときに、あなたは何と読んでいますか?

「つゆ」でしょうか?それとも「ばいう」?

普通は、「つゆ」ですよね。

「ばいう」という言葉自体、まず使いませんし、耳にするのは唯一ニュースでの「梅雨前線」くらいではないでしょうか。

「つゆ前線」では・・・ダメだったのでしょうかね。

まず「ばいう」についてですが、これは、中国から渡ってきた言葉です。

時代としては、大和朝廷が成立したと考えられている頃です。

もとは、「黴雨」と書いて、「ばいう」と読まれていました。

そのまま、訓読みで読むと「かびあめ」。ちょっと、ゾクッとする響きですが・・・

雰囲気は良く出ていると思いませんか。

梅雨時期の何とも言えないジメジメ感に、きっと古代の中国人もそして日本人も嫌気がさしていたことでしょう。

梅雨時期は、気を抜くとあらゆるところにカビが生えてしまいます。

そして、そのカビの発生するメカニズムがまだ良く分からず、得体のしれない存在だっただけに、

雨の中に黴が入っていて、それが建物の各所にも侵入してくる(ある意味当たっていますが)とでも

考えていたのかもしれませんね。

やがて、奈良時代になって、いよいよ万葉の花「梅」が中国からもたらされました。

この時の衝撃はさぞかし大きかったことでしょう。

最初は、紅梅だったのか、白梅だったのか。

どこの誰が見たのでしょうね。

とにかく、梅は日本でも大人気になり、その香りの良さと見た目の美しさを多くの有名な歌人も歌に詠んでいます。

そして、一説では、梅雨時期にこの大好きな「梅」の実が成ることから、「かび」の「黴」ではなくて

「うめ」の「梅」を後になって当てたのだと考えられているのです。

つぎに、「梅雨」を「つゆ」と読む理由について。

「つゆ」という音からすぐに連想出来る漢字は「露」です。

そして、この露を生みだすものが、「雨」です。

たとえば、百人一首に詠まれている歌でも、

「村雨の露もまだひぬまきの葉に 霧立ちのぼる 秋の夕暮れ  寂蓮法師」があります。

まさに、雨が降って、それが露となって槙の葉にたまり、霧が立ち込めて行く様を歌っているわけですが、

この光景の様に、きっと梅の木にも「梅雨」が沢山降りつけて、梅の実からもその露が伝っては落ち、

伝っては落ち・・・という様が目に入ったであろうことは想像に難くありません。

そして「ばいう」という音ではなく「つゆ」という音で「梅雨」のことを呼ぶようになった、という説が有力です。

他にも、梅の実がつぶれて露が中から飛び出すことから「漬ゆ」と名付けられたという説もある様ですが、

分かったようで、良く分からない内容です。私には、無理やりなこじつけに思えてなりません。

それより、「つゆ」と表現する方が、単純に響きも良くてどこか日本的な情緒もあるように思えるのです。

そこが、昔の多くの人達の琴線にも触れて、「つゆ」という言葉が残ったのではないかと・・・

蕎麦やソーメンを頂く時も、「つゆ」という表現を使います。

「タレ」ともいいますが、これも「露が垂れる」を想像させますよね。

そして、この「麺つゆ」にすら雨露の露を使いたがる日本人の気質の様なものが、あるのではないでしょうか。

「つゆ知らず」という言葉もあります。

この「つゆ」は、後に必ず否定形が続いて、「全く~ない」という意味になります。

この「つゆ」も「露」がはかなくて、一瞬で消え落ちて行く様から、用いられたものです。

やはり、日本人は「つゆ」が好き。だからこの一見古語の様な響きの言葉をいまだに、

「そんなこととは、つゆ知らず・・・ごめんね!」なんて使ったりしますよね。

こう考えて調べて行くと、日本語は誠に奥が深いと感じます。

そして、日本人は「梅雨(つゆ)」は嫌いだけど「露(つゆ)」は好き、ということも分かりました!

参照:http://www.zatsugaku-univ.com/life/post-775

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です