スマホ上のサービス

「Airbnbとは何か?読み方は?使い方は?」

「Airbnb」これは何と読むかご存知ですか?

答えは・・・「エアービーアンドビー」です。

一体その正体は?

また、詳しい使い方についても

お伝えして行きたいと思います。

「Airbnbとは何か?」

「Airbnb」は、自分の所有する民宿や宿泊施設を貸したいホストと、

旅行などで宿を探しているゲストを結びつけるマッチングサイトです。

アメリカの「Airbnb.Inc」という会社が運営しています。

現在では、192か国、34,000以上の都市で、

80万以上の宿を貸し出しています。

「どんなところに泊まれるの?」

基本的に一般の住宅が多いのですが、

そこは国や地域性もあり、実に様々なデザイン、構造、間取りがあります。

中には、ヨットや立派なお城も貸し出されていたりします!

「日本でも利用できるの?」

もちろん、日本もその192か国の中に入っています。

日本では、2011年からサービスを開始していますが、

ちょうど、訪日外国人が増え始めた頃と重なり、

ホテルや旅館の部屋数が足りず、民泊の需要が高まってきた

背景があるので、とてもタイムリーと言えます。

「どのようにして使うの?」

Airbnbのサイトから申し込むことになります。

まず、行く先、到着日、出発日、宿泊人数を検索バーに入力します。

すると候補となる宿が画面に紹介されます。

その中から条件に合うお気に入りの宿を見つけて、予約申し込みをします。

※この時に「レビュー」や「説明」、「設備・アメニティー」などの欄をよく読んで、

評判や条件をできるだけ詳しく確認することが、トラブル防止にも役立ちます。

具体的には2通り・・・

① リクエストを送って、予約に対して承認を仰ぐパターン

② 予約したその場で予約確定となる「今すぐ予約」

があります。

① の承認を仰ぐというのは、ホストがどんなゲストが宿泊を希望しているのか、

確認して吟味するためです。

やはり、どこの誰が来るのか、まず予約確定前に知っておきたいでしょうし、

怪しい場合は断りたいですものね。

逆に、「誰でもおいで!」というのはゲスト側からすれば、有難い半面、

本当に大丈夫かな?とも思ってしまいます。

宿泊代金は、Airbnbのサイト内で支払うことになります。

クレジットやデビットカードなど多様な支払いに対応しています。

「Airbnbを使うメリットは?」

① 返金システムなどトラブルの際のフォローが充実している。

② 安い。

日本を例にとれば、ホテルや旅館の部屋数が足りず、宿泊代が高騰する中、

民泊はその何分の一という格安で利用できます。

③ 自炊ができる。

キッチン完備のところが多いので、食材を持ち込んで自由に料理も楽しめます。

旅費を節約できますし、異国で家族や仲間、カップルで料理をすると

一体感も生まれて良い思い出作りにもなります。

④ ホストとの交流やもてなしを通じて、より深くその国の文化や日常に触れることが出来る。

「Airbnbの返金システムは?」

もし、ホスト側からの宿泊キャンセルがあった場合には、

Airbnbの新しい予約に振り返るか返金リクエストができます。

さらに、他にも返金などに応じてもらえるケースがあります。

① ホストが予約先への妥当な入室方法を提供しなかった

② 実際の物件がAirbnbのリスティング記載の内容と異なる

(寝室数、アメニティーの不備など)

③ 物件が清潔でない、安全でない、予約前に告知のない動物が物件内に居る

以上のような場合は、トラブル内容に応じて、それに見合った

返金に応じてもらえます。

しかし、使用する側の心構えとしては、

ホストに信頼されるように、専用のプロフィールについては全項目記入したり、

必ず顔写真を掲載するなどの自助努力は惜しんではなりません。

また、トラブルがあっても自分で解決するためにどれだけ努力したか、

そしてチェックイン後24時間以内の通報、などの詳しい返金条件にも

しっかり目を通して理解しておくことも重要です。

今後、日本でもオリンピックに向けて、まずますAirbnbに対する需要は高まるでしょう。

安く海外旅行を楽しみたいという人だけでなく、宿を貸したいという人にとっても

是非知っておきたいサービスですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です