5月について

「端午の節句の意味は?どこの国が由来?男の子の日って本当?」

「端午の節句」と言えば、5月5日の「こどもの日」のことを指します。

でも、そもそも『端午』って何のことかご存知ですか?

あまり他でこの『端午』という「単語」は見聞きしませんよね(つまらぬシャレでした!)

今回は、この端午の節句の意味や由来、また本当に男の子を祝う日なのか?

ということについても詳しくまとめてみました。

「端午の節句」は、五節句のうちのひとつです。

ちなみにその五節句とは、

1月7日の「人日(じんじつ)の節句」

3月3日の「上巳(じょうし)の節句」

7月7日の「七夕(しちせき)の節句」

9月9日の「重陽(ちょうよう)の節句」そして、5月5日の「端午の節句」です。

この五節句の起源は中国にあります。

中国では、奇数が縁起が良いと言われているのですが、上記の五節句の月と日の数を足すと

偶数になり、縁起が良くないということで、あえて節句としてその邪気を払う行事を行ったわけです。

それが、七草粥だったり、桃の節句だったり、七夕まつりだったり・・・・

この縁起のよくない時期に、旬の生命エネルギーに富んだ食べ物を頂くなどして、パワーチャージを行ったのです。

端午の「午(うま)」は、陰暦で5月を表します。

その5月の最初の「午の日」で、最初を端(はし)と表現し、「端午」となったそうです。

特に、中国ではこの5月に病でなくなる人が多かったことから、厄除に、菖蒲やヨモギを門に挿し、

菖蒲酒を飲んで無病息災の祈願を行っていました。

これが奈良時代には日本に伝わり、「菖蒲」という音の響きが「勝負」や「尚武(武道を尊ぶこと)」と同じということから、特に武家などにおいては、男児が後継ぎとして元気に健康に逞しく育ってほしいとの思いを込めて、『男の子』の節句として変化を遂げながら定着しました。

五節句は、特に、江戸時代に幕府が公の行事として大々的に取り上げて、各地方でも大名や旗本がこぞってこれらの神事に力を注ぎました。

それが、一般庶民にも広く深く浸透してゆき、「端午の節句」も馴染みある国民行事となりました。

この日本流に変化した端午の節句の特徴として、鯉のぼりや鎧兜、また五月人形を飾ったり、関東では柏餅、関西では粽を頂くという独自のスタイルも生まれて広がっていったのです。

明治6年に、旧暦から新暦に改暦されて、これを機に五節句の制度は廃止されましたが、

この端午の節句をはじめとして、桃の節句、七夕の節句などは根強く国民生活に形を残すことになります。

このすべてに、日本人なら誰もが口ずさむことが出来る、童謡が存在することも象徴的ですよね。

さて、端午の節句はやがて「こどもの日」と呼ばれるようになります。

これは、昭和23年(1948年)7月に祝日法が制定されて、その条文の中で正式に定義づけられるかたちで誕生しました。

その内容は、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母も感謝する」日とされています。

つまり、「端午の節句」という形で国民行事化されていたときは、「男の子の日」としての意味合いが強かったのですが、戦争が終わり、男女同権の気運が色濃くなる中で、「こどもの日」と称して、「男の子だけでなく、女の子も含めて全ての子供を祝う日」となったのです。

実際は、3月3日の「ひな祭り」があるので、こどもの日は「男の子の節句」というイメージが強いですけどね。

「端午の節句」、堂々と女の子もお祝いしてあげましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です