5月について

「母の日を盛り上げるサプライズ演出は?」

母の日をサプライズで演出して盛り上げる。

考えただけでもワクワクしてきますよね。

当然『盛り上げる』というのは、ただワイワイと賑やかにすればいい、

ということではなくて、主役であるお母さんの気持ちが『盛り上がる』ことが

何より大切、というかそれが全てです。

そのお母さんの気持ちが盛り上がっている状態って、具体的にどんな感情なのか?

考えてみました。

どんなお母さんにも当てはまるサプライズ状態は、「4つ」あると思いました!

1、 子供から、こんなに感謝されているんだぁ~~うれしい!!

2、 子供が、自分の苦労や頑張っていることを知ってくれているし、褒めてもくれた!

感激!!よしまた、頑張ろう!!

3、 自分のために、子供がここまでしてくれた~~感激!!

4、 こんな楽しみを貰った、わぁ~~楽しみ!!

早速「1」から見て行きましょう。

感謝していることが伝わること、これが「母の日」の一番の意義と言っても良いでしょう。

シンプルに考えると、「感謝」ということは「ありがとう」の言葉で言い表すことが出来ます。

そして、母の日ともなれば、世の中にはあらゆるそれ様の商品に「お母さん、ありがとう!」なんて書かれています。

でも、このメッセージは、所詮他人か機械が書いたもの・・・ですよね。

これでは、本当の気持ちの何分の一位しか、伝わらないのではないでしょうか?

本当に、心に届くのは、その子どもにしか伝えることのできない、肌のぬくもりを感じる生身のメッセージだと思います。

そこで、提案するのが、今まで生きてきたなかで本当に「ありがとうございます」と思えたエピソードを

「3つ」挙げてみて、それを手紙でもいいですし、ポスターに書いて張ってもいいでしょうし、

感謝状にして読み上げてもいいでしょう。

思い出すだけでも、ウルウルくるかもしれませんし、きっと伝えたあかつきには、大きな感動が待ってるはずです。

続いて「2」です。

次もメッセージを伝えるわけですが、お母さんが苦労してきたな、または心配かけたな、という

点を伝えてお礼を言うことです。そして、褒め言葉も忘れずに!

(または、素直に「ごめんなさい」を伝える)

これは、人によって、また内容によっては、かなり恥ずかしかったり、割り切れなかったり、

ハードルが高いと感じるかもしれません。

でも、出来る人だけで構いません。

人間何歳になっても、人から認められたいという「承認欲求」はあるものです。

あなたもそうですよね。

こちらが、ハードルが高いと思うことは、相手からすればそれだけサプライズにもなるということです。

直接、言うのが難しい場合は、やはり、手紙でしょう。

しかも、自分がいない時に読んでもらえるような渡し方を考えましょう。

そして、この後が大事!

ただ、労をねぎらうだけでなく、その気持ちの証に「お母さんの苦労に報いる」ことをお返ししましょう。

例えば、学生さんなら「10回までならいつでも、夕食後の皿洗いをします」とか

「10分間・肩モミ券を10枚つづりで渡す」など、エンタメ性もあっていいかもしれませんよ。

もし、収入があり、余裕がある人ならホテルでの『エステ券』をプレゼントしたり、少しリッチな

ホテルや旅館宿泊券をプレゼント。「骨休めしてきて下さい!!」というのは如何でしょう。

「3」です。

これは、ある程度時間と手間をかけてじっくり取り組むことになるでしょう。

例えば、お母さんのためにメッセージ付きの手作りケーキをふるまってみたり、

子供みんなで、ご馳走を作ってみるのも良いでしょうね。

たとえ、上手くは出来なくても、一生懸命頑張ってくれた、と思ってもらえたら、

それで大成功なのです。

または、お母さんの日頃仲良くしているような人たちのボイスメッセージを集めたり、

一言メッセージを書いてもらって、画用紙に張ってプレゼントしても、

ここまでしてくれたの!!有難う!!となるかもしれませんよ。

最後に「4」です。

これは、お母さんにもよると思いますが、例えば好きな歌手や俳優さんがいるとか、一度は行ってみたい

温泉や観光地がある場合に、コンサートやお芝居のチケット、またはホテルや旅館、そして

交通チケットも全て手配してあげてプレゼントする、というありがちではありますが、必ず喜んでくれるであろうサプライズです。

ここで、コツは、すぐと言うより、1か月以上は先、くらいがいいかもしれません。

そしたら、それまでの時間ワクワクできますし、何を着ていこうかしら・・・なんて

お母さんの乙女心に火もついてとっても親孝行だと思います(笑)

「まとめ」

どうですか?具体的な作戦は何か浮かんで来ましたでしょうか?

どんな反応がみられるか、いろいろ想像しながら考えるだけでも

楽しいですし、心が温かくなってきます。

母親って、この世にたった1人だけですからね・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です