5月について

「新茶の特徴は?楽しみ方は?八十八夜との関係は?」

「夏も近づく八十八夜

野にも山にも若葉が茂る

あれに見えるは茶摘みじゃないか

あかねたすきに菅の笠~♪」

これは、ご存知「茶摘み」という日本の伝統曲の一番の歌詞です。

ここに出てくる「八十八夜」とは、立春(2月3日)から数えて、

八十八日目、つまり「5月2日」のこと(閏年は5月1日)を指します。

そしてこの日は「緑茶の日」でもあります。

お茶の葉は、通常、1年間で4回に分けて摘採されます。

その年、初めての新芽を摘んだものが一番茶で、これが「新茶」と呼ばれます。

時期は、4月下旬から5月上旬(ちょうど上にも書きました「5月2日」あたりがど真ん中になります)に収穫されて、早いものは5月初旬には店頭に並びます。

他にも、夏から秋口にかけて、二番茶、三番茶、四番茶(秋冬茶)まであります。

なかでも、圧倒的に知名度が高くて、人に贈っても喜ばれるのが、「新茶」です。

新茶は、冬の間に目いっぱい栄養をため込んで、その栄養の力で成長した茶葉の新芽で、

テアニン(アミノ酸)という甘味成分を多く含み、なおかつカテキンという渋み成分が

少ないため、瑞々しくて喉ごしが良く、そして甘みも強い、これぞ日本の緑茶!という

大変の見ごたえのある味わいです。

さて、ここからはこの「新茶」を美味しく頂く楽しみ方について書いて行きたいと思います。

お茶を美味しく頂くために作られたと言っても過言ではないのが、「和菓子」です。

もともとは、茶道で、抹茶のなかでも、濃茶とともに出された「干菓子(ひがし)」、そして、

薄茶とともに出された「主菓子(おもがし)」があります。

干菓子は、ピンクや白、緑といった色目で、いわば砂糖の塊に様な感じです。

主菓子は、お饅頭とかお団子の類ですね。

私は、断然「主菓子派」です!

まず、この新茶の時期に全国で一斉に売り出されるのが、「端午の節句」つまり「こどもの日」向けの

「柏餅(または粽)」です。

柏餅も関東なら中は小豆だけでなく味噌餡もあります。

粒餡にしてもこし餡にしても、何でこんなにおいしいの!!というくらい、その甘みが、

緑茶の苦み、うま味、甘みと絶妙にマッチしますよね。

地域によっては、花見シーズンにぎりぎり間に合って、桜餅とともに新茶を楽しめます。

桜餅を巻いている葉っぱは召し上がりますか。私は、あの塩気の利いた味と、餡子の甘みと、

そこに緑茶を含んだ時の旨みのハーモニーが大好きです!

そして、梅雨時期以降であれば、水ようかんが緑茶の美味しさを引き立ててくれます。

伊勢の名物赤福でも、広島のもみじ饅頭でも、名古屋のういろうでも、

全国津々浦々に緑茶と相性抜群の和菓子はた~っくさんあります。

大福や串団子系も忘れてはいけませんよね~~

さらに、お酒の好きな人であれば、焼酎の新茶割もおススメです。

新茶を水出しでまとめて用意しておいて、水の代わりにその水出し新茶で焼酎を割るだけですが、

なかなかおいしいですよ。新茶を氷にして、ロックで溶かしながら飲むのもいいでしょう。

あと、最後にもう一つ強くおすすめなのが、「茶そば」です。

普通のお蕎麦も大好きなのですが、お茶の風味がしっかりと利かせてある茶そばも特に後味が

たまりません。あのお茶の香りが、鼻に抜ける感じがいいですよね。

結構、全国の色んな所で、新茶シーズンになると食べられますから、チェックしてみて下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です