5月について

「新茶とは何?いつごろに出回る?美味しいお茶の淹れ方は?」

「新茶」という場合、一般的には「緑茶」の一番茶のことを指します。

茶摘みの時期は年間でおおきく4回あります。

4月下旬~5月上旬に摘まれるのが、「一番茶」(この時期に育つその年最初の新芽です!)

6月中旬~7月上旬に摘まれるのが「二番茶」

7月下旬~8月上旬に摘まれるのが「三番茶」

9月下旬~10月上旬に摘まれるのが「四番茶(秋冬茶)」です。

※場所によって多少の違いがあります。

新茶は早いもので5月上旬から店頭に並びますが、例えば、鹿児島県の知覧の新茶は、4月上旬には収穫が可能で有名な「走り新茶」の名で、早いものは4月中に販売が開始されます。

そして、夏ごろまで新茶の名で売られるのが一般的です。

ただ、新茶をそのまま真空にして0℃で保管しながら一年中、中身は新茶のままを売っているというケースも珍しくありません。当然風味は、新鮮なままでとても美味しいですよ。

新茶が何故美味しいかと言うと、冬の間中、養分をしっかりとため込んで、その力で成長し、甘み成分であるテアニンと言うアミノ酸を多く含み、カテキンと言う渋み成分が少ないために、瑞々しくて、甘いのです。

実は、緑茶もウーロン茶も紅茶も全て「チャノキ」というツバキ科ツバキ属の同じ種類の木であることをご存知でしたか?

チャノキの葉を半分発酵させるとウーロン茶、全発酵させると紅茶です。

例えば、紅茶にもファーストフラッシュ、セカンドフラッシュ、サードフラッシュと呼ばれる、

一番茶、二番茶、三番茶はありますし、ウーロン茶にも冬摘みと春摘みというおいしい旬の時期があります。

さて、この新茶を美味しく頂くための淹れ方をご紹介しましょう。

まず、急須に茶葉を人数分入れます。一人あたりティースプーン2杯が目安です。

そして、沸騰したお湯を一度湯呑に注ぎ出で、冷まします。

70~80℃くらいまで温度を下げてから急須に注いでください。

(温度が高すぎると、味が濃く出てしまって、せっかくの新茶の良さを消してしまいます)

40秒から1分ほど経ったら、2,3回湯呑を回してから注いで行きます。

一度に一杯ずつ注ぐのではなく、少しずつ順番に注いで行きましょう。

その方が、すべての湯呑の味を程よく統一できます。

細かい様ですが、一巡目で一番最後の湯呑まで行ったら、今度は少し間を置いて、最後の湯呑から

最初の湯呑に向かって、注いで行きます。

そして、急須の最後の一滴までをしっかり注ぎ切ってください。

俗に「ラストドロップ」と呼ばれ、そこまで入れるのが美味しいと言われます。(これは紅茶も同じです)

一人分だけ淹れる時も、一度に湯呑に注ぐのではなく、何回かに分けて最後の一滴まで注ぐようにして下さい。

ちなみに、玄米茶やほうじ茶などの炒ったお茶の場合は、しっかり味を出すためにも100℃近くの熱いお茶で淹れるのがポイントとなります。

お茶の特徴や製法によって、美味しい入れ方は異なるのですね。

玉露(ぎょくろ)と言う超高級茶の場合は、緑茶よりもさらに低温の60℃くらいのお湯で約2分じっくり蒸らします。

「まとめ」

昔から私たち日本人の身近には、ごく当たり前のように緑茶がありました。

しかし、その馴染みあるお茶の一番美味しい淹れ方、というとあまり意識していない方も多いかもしれません。

正式な和食のお店に行くと、食後のお茶がとても美味しく感じますが、やはりそういう店では、

ちゃんとセオリーに従って、心ある一杯を淹れてくれているのですね。

自宅でも、手間暇かけて作られた有り難い新茶を美味しく、味わって頂きたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です