5月について

「博多どんたくってどんな祭り?その起源や歴史は?」

福岡県博多市と言えば、日本一祭好きなスポットと言っても過言ではありません。

博多祇園山笠は、毎年、その動員数では圧倒的な動員数(300万人)そして、

その後を追うのがこの「博多どんたく」で毎年各地から200万人は訪れるという

日本屈指の大人気のお祭りです。

時期は、ゴールデンウィークもたけなわ、

5月3日と4日の二日間にわたって、盛大にとり行われます。

ちなみに今年は、3日が木曜日、4日が金曜日です。

2日には、前夜祭も行われます。

「博多どんたく」の歴史は古く、840年ほどさかのぼった平安時代となります。

1179年、平重盛がこの世を去った時からです。

平重盛は、その父清盛の時代より中国との間で始めた日宋貿易をさらに発展させて、日本発の人口港、

「袖の湊」を造営してこの博多周辺の経済をずいぶん活性化させたことで有名です。

その恩恵に浴した地元の人々が、重盛亡きあと、「博多松囃子」という今の「どんたく祭」の起源と言われるお祭りを始めたそうです。

江戸時代には、この博多松囃子は、黒田藩主を新年のお祝いに表敬訪問する形で行われていました。

この当時には、かなり派手でにぎやかなお祭りになっていた様です。

「通りもん」といわれる、(七福神のうちの)福禄寿、恵比寿、大黒天そして稚児の行列を本体として、その後を思い思いの格好で町人たちが列を成して続き、町中を練り歩いて大騒ぎしたわけです。

楽しそうですね。

ただ、明治に入った直後、1871年に廃藩置県により、福岡県が誕生すると、翌1872年には、

県から「金銭を浪費し、文明開化にそぐわない」という理由で、松囃子は一時中止されてしまいます。

今なら、経済効果○○億円‼、なんて言われて歓迎されますのにね。

しかし、その9年後には、「どんたく」の名で松囃子が復活します。

しかも、この「どんたく」いかにも日本語で方のようにも感じますが、実は

オランダ語で日曜日を意味する「ゾンダーク」から来てるそうです。

この頃、蘭学と言って、オランダの医学が最先端でしたし、オランダ語を用いることが、

ハイカラだったのかもしれません。

その後、第二次大戦中は中断されるものの、地元民から絶大な支持をえていた「どんたく」が

消えることはなく、戦後再開されて、1957年には「博多どんたく 松囃子港まつり振興会」が結成されて、

開催日時も5月3日、4日の二日間という現在の形が出来上がりました。

なお、現在の正式名称は、「福岡市民の祭り 博多どんたく 港祭り」といいます。

その内容は、絶大な規模を誇ります。

福岡の繁華街である中央区、博多区を始め7つの区に渡り、30にも上る特設舞台が設けられて、

豪華芸能人や地元出身の有名人も訪れてあらゆるパフォーマンスが行われます。

ちなみに、昨年2017年のゲストは、演歌界のプリンス氷川きよしさんでした。

その年のゲストは着前まで明かされませんので、これも楽しみの一つです。

メイン中のメインは「どんたくパレード」、「呉服町交差点(博多区網場町)」から明治通りを通り、「市役所前広場(中央区天神)」のゴールまで約1.2㎞を老若男女合わせてそれはそれは、個性あふれるいろんなグループがパレードに参加します。

警察音楽隊や花自動車、吹奏楽隊、アニメキャラに戦隊ヒーローたちまで、どれ一つ同じものは無いので見ていて飽きません。

そして、おススメは、2日目、オーラスの「総踊り」。

その場で名物のシャモジが配られて、希望者は飛び込みで誰でも踊りに参加できます。

見よう見まねで自由に踊ればいいので、まったく恥ずかしくもなく、お祭りに参加した気分も味わえて、

テンションが上がること間違いなしですよ。

例年、3日は13時~19時

4日は15時~20時までとなっています。

ゴールデンウィークと言えば、新生活が始まって少し新たな環境に疲れが出る頃でもあります。

そこを日本屈指のお祭りの迫力を目の前で味わって、元気を一杯もらい、ストレスを思いきり

発散してきては如何でしょうか!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です