5月について

「メーデーには2つの意味がある!?5月1日が日本で休日にならない理由は?」

「メーデー」と聞くとほとんどの方は、「5月1日」を思い浮かべるのではないでしょうか?

そう、労働者が自分たちの権利をしっかりと主張する大事な日です。

でも、「メーデー」にはそれ以外にも全く違うもう一つの意味があるのです。

今回は、この二つのメーデーの意味についてお伝えして行きたいと思います。

また、「メーデー」の「5月1日」は、全世界で約80以上の国が祝日になるのですが、

日本では、お休みではありません。

その意外な理由についても書いて行きたいと思います。

まず、『労働者が権利を主張する』意味での「メーデー」の起源は、1886年にさかのぼることになります。

この年の5月1日に、シカゴで合衆国カナダ職能労働連盟が、「8時間労働」に実現を訴えて、ゼネラルストライキを起こしました。

当時は、8時間どころか、12~14時間労働も当たり前という、とんでもなく劣悪な労働環境がしかれていました。一日の内、「労働に8時間、休息に8時間、そして好きなことが出来る自由な8時間」、を

合言葉にデモ行進などをして訴えかけていったのです。

しかし、その声虚しく、資本家にはなかなかこの主張はなかなか届きませんでした。

それでも労働者たちの不満はおさまらず、ついにヨーロッパを中心にこの動きは世界のあらゆる地域に飛び火して、1890年には「第1回国際メーデー」が開催されたのです。

日本では、これに遅れること30年、第1回メーデーが東京、上野公園で開かれました。

それから、約100年、現在では、5月1日といえば、全国の500近くの地域でメーデーが行われており、

その参加人数は、10万人規模にまで膨らんでいます。

しかし・・・・

世界で約80以上の国がこの5月1日を祝日にしているにもかかわらず、日本では祝日ではありません。

こう書くと誰もが、この日が休みになれば、「ゴールデンウィーク」がさらに「ゴールデン」で

ハッピーな週間になるのに・・・と思われると思います。

しかし、逆にこの「ゴールデンウィーク」が要因となって、日本では5月1日が祝日にはならないのです!

どういうこと・・・?

ゴールデンウィークは、現在、「昭和の日」「憲法記念日」「国民の祝日」「こどもの日」と必ず

4日間は休みがあります。ここにだいたい土日が絡んできますので、6日間は休みとなるケースがほとんどです。

これに加えて、さらに5月1日まで休みとなると、これが日曜日でしたら振替休日も1日増えたりして、

8連休、9連休が当たり前になってきます。

それはラッキー!!何が悪いの?!と言いたくなりますが、

実は『金融業界』から強く警戒の声が上がり、なかなか祝日にとはならないのです。

つまり、これほど長い間金融関係がその営みをストップしてしまうと、その間も世界の金融市場は動いていますから、非常に問題があるということです。

それに、銀行が10日もお休みだとちょっと困りますよね。

年末年始でさえ、ほとんどの場合1週間も休みはありません。

こう聞くと、なるほどと納得できます。

この時期に祝日が集中しているのは、日本独特の事情あってのことですからね。

他の国には無いことです。

さて、話は変わり、冒頭のもう一つの「メーデー」の意味について、です。

これは、全く違う意味で『遭難信号』を表すのです。

ほとんどの人の生活には、あまり馴染みがありませんよね。

具体的には、船や飛行機で救助を必要とするような緊急事態が起こった場合に、

無線電話を使って、「メーデー、メーデー、メーデー」と3回唱え、救助を要請するのです。

この呼びかけは、どの周波数でも発信することが可能で、いったんメーデーが発信されると、その周波数では救助のための通信以外は、一切の通信は許されません。

救援要請には、沿岸警備隊や航空交通管制官などが常に待機している状態です。

遭難信号と聞くと、「SOS」じゃないの?と思いますが、これは、モールス信号です。

メーデーは、音声での遭難信号なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です