三月について

「ひな祭りはいつ?由来は?風習は?」

今や、リカちゃん人形のリカちゃんが超イケメンのお内裏様と共に

セットでひな人形として売られるようにまでなった、

「ひな祭り」。

いや~時代も変わりましたね!

でもそもそも、ひな祭りって何をするのでしょうか?

その具体的な時期や由来、風習についてここで

詳しくお伝えして行きたいと思います。

「ひな祭りはいつ?」

ひな祭りは、「3月3日」です。

この日は「上巳(上司)の節句」といって、端午の節句や七夕とならぶ

「五節句」の一つです。

「上巳」とは旧暦の最初の「巳(み)の日」のことで、古代中国では、

忌むべき日とされ、川べりで厄払いや禊を行う風習がありました。

これが、平安時代には遣唐使を通じて日本にも伝えられ、

「上巳の節句」として宮中行事にもなったのです。

参照:http://jpnculture.net/joushinosekku/

「ひな祭りの由来は?風習は?」

日本では古くは奈良時代の頃から、紙で作った人形(「ひとがた」と読みます)に身体の穢れを移して、

海や川に流すという神事はありました。

また、3月初旬ころに田の神様を迎えるために、紙で作った形代で体を撫でて、穢れを落として、

川や海に流すという農業神事も平安の頃から各地で行われる様になっていました。

これが、宮中の「上巳の節句」とも重なって、広く慣習化して行ったものと考えられています。

やがて、室町、を経て江戸時代になり、紙の形代を川に流すのは環境に悪いと(結構、現実的ですね(笑))

いう考え方が強まり、人形をひな壇に飾るという形に集約されていった様です。

「ひな人形とは?」

さらに、平安時代には、貴族の子女がおままごとの目的で紙の人形を使っていたことから、

これを「上巳の節句」に合わせてひな壇に飾るようになったのです。

ちょうどこのころは、桃の花が満開を迎えます。

中国でも古来より、『桃』は健康長寿を表す縁起の良い花でした。

そのため、上巳の節句の時に桃酒を飲むようにもなったわけです。

そして、3月3日は、「桃の節句」、とくに女の子の健やかな成長を願った

初春の風物詩として、風習化して行ったのです。

参照:http://iroha-japan.net/iroha/A03_goseku/02_joshi.html

「ところ変われば・・・」

さて、この「ひな祭り」の祝い方も地域よって、様々な違いがあります。

例えば・・・

静岡県東伊豆町では、「雛のつるし飾りまつり」があります。

もともと人形には手の届かなかった庶民が、それでも

女の子の元気な成長を願って、手作りの和裁細工の人形や小物を紐に結んで天井から

つるしました。

彩り華やかな可愛いマスコットのような飾りが一本の紐だけでも何十と結ばれていたりします。

温かい親心が感じられますよね!

また、千葉県勝浦市では、「かつうらビッグひな祭り」が毎年開催されます。

市内の各地で催されるのですが、なかでも勝浦市芸術文化交流センター(キュステ)

では、約8,000体ものバラエティー豊かなひな人形が絢爛豪華に飾られます。

この様子には、圧倒されますよ。

当然日本一です。

人形ってどうやって処分していいか分からない人が結構多くて、寄贈される方が

後をたたないそうです。

参照:https://style.nikkei.com/article/DGXKZO13027190X10C17A2W01001

「まとめ」

そのひな人形ですが、女の子のいるお宅では、

約9割が何らかの「ひな人形」を自宅に持っている

というアンケート結果もあります。(参照:

http://www.asahigroup-holdings.com/company/research/hapiken/maian/201702/00621/)

やはり、見ているだけで、心が和み、

訴えてくるものもあって、根強い人気があるのでしょう。

そして、何より子どもの健やかな成長を願う

「親心」の現れでもあるわけです。

また、お姫様の横に、必ずお内裏様が鎮座しています。

ただ単に健康長寿だけでなく、「愛にも恵まれて欲しい」という

親の切なる願いも根底に強く流れているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です